ココロを揺さぶる旅の記録 Part 1

ご存じのとおり(かどうか)、私はあちこち旅行に行ってるのですが、その中には「ここは、人生観が変わるよね」と思った場所がいくつかあります。

そういうインパクトのある場所を、一つずつ紹介してみようと思います。言葉より写真の方がいいですよね。

ということで、今日はケニアにサファリに行った時の記録を。

私と同行者のカメラで撮ったものです。こういう光景が数メートルから 20メートルくらいのところで本当に見られます。


青い空の下のキリンの群れ。ダリの絵のよう


動物がどれも綺麗でびっくりした。キリンはシマウマと一緒にいることが多い。


シマウマもなにげに群れでいっぱいいる。おとなしい動物でも、こういう風景が目の前に現われると、最初はそれだけでちょっと緊張する。


象の群れ


正面に向かってくるとちょっと怖い。


サバンナの茂みのキリン



でも、なんといっても衝撃的だったのはこちら。キリンを食べるメスライオン。しかもこれ、ほんの数メートル先で、だったんです。

足の部分の肉を“手羽肉”を食べる時みたいに口でツイィーと引っ張ってました。すごい迫力だった。一時間以上かけて食べ尽くしていきます。木陰でハイエナがたくさん(ライオン達が食べ終えて去っていくのを)待っています。


上下の写真を比べて見みてください。上と違って下ではキリンの模様が判別不能となっており、かなり食べ進んだことがわかります。


そしてこちらは、食べられている仲間を遠くから眺める別のキリン。つらそうだ。


満腹のライオンはほとんど寝そべっている。


ライオンよりチータの方が圧倒的にかっこいい。
こんな“絵はがき”みたいな光景が目前にあると、緊張で言葉がでてこない。


疾走してるところを撮るのは難しく・・


オリックスというらしい。凛としたかっこよさ。


サイ


ほぼ総ての肉食動物に狙われている可哀想なインパラ


“バルーンサファリ”と言って、気球にのってサファリができるんですが、緑の大地の上に浮かびあがり、空から地球とその生き物たちを見る。もう最高です。


斜め上から見るキリン


空から見ると象はネズミと似てる。


ロッジからの風景

サファリは早朝と夕方なので、昼間はひたすらロッジでこういう風景を見ながら、ビール飲んだりだべったり本を読んだりしてるわけです。

食事は美味しいですが、電気の利用や水には制限があります。



こういうところで本もパソコンも持たずに日長ぼーっと景色の移り変わりだけを眺めていると人生観が変わります。

世の中のほとんどのことはどうでもいいことだと。毎日“生きるために食べる”というのが人間も含め動物にとっての生きるってことなんだよなと。


早朝

昼間


まさに沈まぬ太陽



行きたくなりました?

遠いし、それなりの費用がかかるのが難ですが、アフリカのサファリはさすがに感動します。

“動物が主役の世界に、人間が脇役として入れてもらっている”場所なんですよね。あと、空間の広がりが“地球“を感じさせてくれる。

ちきりんも是非もう一度行きたいと思っています。


そんじゃーね。


→→→ ココロを揺さぶる旅の記録 第二弾


<ちきりんが世界を歩いて考えたコトをまとめた社会派旅日記。文庫&キンドル版もあります>

社会派ちきりんの世界を歩いて考えよう! (だいわ文庫)
ちきりん
大和書房
売り上げランキング: 194,521


→ Kindle 版

→ 楽天ブックス


http://d.hatena.ne.jp/Chikirin+personal/  http://d.hatena.ne.jp/Chikirin+shop/


safari Kenya photo