天国に一番近い島

旅行の写真を一挙公開!
南半球なので秋口です。海にも入れるぎりぎりで、かつ陽射しが優しくなってきた、いい季節だったと思います。ビーチ好きなちきりんですが、今回は驚くほど人の少ない離島での滞在で心からリラックスできました。


ホテルのロッジ。デッキの風が気持ちよく、ここで食べるランチは最高。


もちろん海もすばらしい


さすが天国に一番近い島

今回はシュノーケルも楽しんだけど、それ以上に景色に見とれることが多かったです。


向こうに見える白いのは砂。すごく細かい白い砂です。誰も映ってませんが、ほんと人が(住民も観光客も)少ない島なのです。ここも泳げます。


ピローグという船で入り江をクルーズ。モーターは使わず風だけで約2時間。


周りはひたすらにこんな風景。ゆったりゆっくりのんびり


風が心地よい〜


あっ、あれは?


あ〜


しばし船と一緒に泳いでくれました !


★★★


朝の陽射し


夕方。1日の中でも海の印象がどんどん変わる。


★★★

島の中は緑も美しい


ちきりんは熱林系の緑が好き

ターザンがでてきそう

怖い


★★★

ニューカレドニア イル・デ・パン島の空港


空港で渡される造花のレイは中国製。こんなもんをこんな遠くまで・・


人口2000人の島で唯一の村の教会


海のそばの宣教師上陸記念像


ひたすらにのどかだ





目覚めれば海を見ながら朝食。景色を楽しんだ後、午前中はひたすら海に漂う。午後はクルーズやジャングルを楽しみ、夕方から美味しいお料理をほおばりながら、あほみたいな社会派談義に熱中する。至福の時。


そんじゃーね