“キラ星スター”だけは救い出そうというお話

「親が裕福じゃないといい教育が受けられない。そして、そういう子じゃないと社会で成功できない」というのは、日本でもよく言われるし、世界でもありがちな話です。

ただ、それら「貧富の差による教育格差」が大きい国には、「非常に貧しい層に生まれてくる、ごくごく例外的な“タレント(才能)”だけは、見つけ出して浮上させる」という仕組みも見受けられます。

たとえばアメリカ。

教育費がバカ高く、貧困層に生まれれば大学進学のためには入隊するか、もしくは、働きながら(たいしたキャリアップにはならない)コミュニティカレッジに進むしかない。

というのが、一般的なルートだけれど、豊富な奨学金や大学ローンが利用可能なおかげで、貧困層に生まれても、超一流大学に進学することは不可能ではありません。


しかしアメリカの大学や大学院の授業料はめっちゃ高い(一年で 400万円など)ので、奨学金やローンが得られても、それらを背負って進学する学生の経済的な負担はかなり重いです。

だから、経済停滞で就職が巧くいきませんでした、みたいになると、大借金を抱えてプー太朗という悲惨なことになります。

つまりこれって、“普通の才能の学生”にとっては、それなりに厳しい(いいような悪いような、なんとも言えない)仕組みなんです。

けれど、ごく一部の“類い希なる才能に恵まれた学生”には、この仕組みはなんの問題もない、とても有り難い仕組みです。

親が貧乏でも、自分に才能さえあれば、勉強するお金は調達できる。

しかも彼らは少々の不況でも就職時には引く手あまたであり、給与の高い金融やコンサルで何年か働いて借金を返してもいいし、自ら起業したり、急成長中のスタートアップで資産を形成することを目論んでもいい。

特に貧しい移民の子供達は、厳しい環境で生きています。でもその中から、ごく稀に天才的な化学者だったり、凄腕の起業家だったりという“きらきらスター”が現れます。

アメリカ社会は、そうした卓越した才能だけを(全体としては)ぐだぐだでウダウダの貧困&移民コミュニティから引き上げて、“アメリカの成長の原動力”にしていくわけです。


放っておくと、どこの国でも「親の財力が高い家」の子供しか、社会的に成功しにくくなります。

でもそれが進むと、その国には次世代のリーダーが現れにくくなります。親が裕福であることは子供にとって有利だけれど、親が裕福な家だけに“次世代を担う才能”が誕生するわけではありません。

いかに“恵まれない荒れ地に生まれた類い希なる才能”にも成長と成功の機会を与え、国を(産業を、社会を)率いてくれる原動力に育て上げるか、というのは、とても大事なことなのです。


中国にも同じような仕組みがあります。

ご存じのように中国では、都市部と農村部の経済格差は激烈です。上海において正式な戸籍の元に生まれ、親が裕福な(もしくは特権階級の)家庭の場合と、地方の子だくさんの貧農の家に生まれる場合では、人生のスタートラインはあまりに大きく異なります。

しかしその一方で、彼らは“超のつく才能”に関しては、中国全土から見つけ出そうとします。

人口が15億人にものぼる国で統一の学力試験を実施し、すべての子供に序列をつけてしまう。

そのテストで優秀な成績を収めれば、貧しい農村からもいきなり地域トップ大学への入学が許される。人生が大きく変わる瞬間です。

ここでは“そこそこ優秀”な子供の話をしているわけではありません。“飛び抜けた才能をもっている子供”の話です。

そういう子供達は、頭脳であれ、卓球であれ、体操であれ、その才能をもって15億人の中からひっぱりだされ、いきなり「オリンピック強化チーム」に放り込まれたりするわけです。


実は日本にも、今より貧富の格差が大きな時代には同じような仕組みがありました。

そういう時代、都会ではお金持ち、地方でも地主の子供しか小学校から上の学校には行けなかった。

でも、たとえそういう時代でも、ものすごく貧しい家に、きら星のごとく驚くほどの才能を持った子供が生まれれば、実は、養子だとか、丁稚だとか、書生だとか、いろんな形で血縁のない周囲が“機会”を与えていました。

「こいつは小作の6男坊で終わらせたらアカン」と誰もが認める才能であれば、引き上げてもらえるチャンスがあったのです。


経済格差のある国では、「親が裕福な子だけがよい教育を受けられ、社会で成功しやすくなる」傾向が、どこの国でも起こります。

その一方で、恵まれていない環境にいる“スゴイ才能”を見つける仕組み」も必要だと多くの人が感じています。

しかし今の日本には、そういう仕組みがありません。なぜなら「公教育が、全員に必要な教育を提供する」という“一億総中流時代的な建前”があるからです。

奨学金や学生ローンも限定的だし、全国統一テストで子供に序列をつけるなんてとんでもないことだと考えられています。一方で、他人の子供に教育費をだしてやる余裕は、今や誰にもありません。


確かにこれまでの日本では公教育がしっかりしていたので、世界的にみれば“まだマシ”な方だったでしょう。

しかし、親の裕福さが子供の教育機会に一定以上の影響を与えるようになってきたら、国のリーダーや、産業のトップ、次世代を創るタレント(才能)は、親が裕福というセグメント以外からも積極的に見つけ出す仕組みが必要になるはずです。

「親が裕福でないと、子供がいい教育を受けられない」ということも、もちろん問題だと思っています。しかし、この問題は少なくとも既に“認識”されています。

今日のエントリでちきりんが書いているのは、認識されていない問題です。

どの分野であれ、めっちゃスゴイ才能だけは見つけ出し、親の資力に関わらず救い上げてチャンスを与える仕組みが、なにかしら必要だと思うのです。

“きら星スター”は、社会の(もしかしたら世界の)財産なのですから。



そんじゃーね。



追記:関連ツイート