ちきりん流 災害への備えについて

今日は「防災の日」なので、防災のために私がやってることをまとめておきます。


1.長い時間、滞在する場所から対策をとる

地震は「いつ起こるか、わからない」です。

これは「自分が滞在する時間が長い場所で、地震に遭う可能性が高い」ということを意味します。

4時間いる場所で地震に遭う可能性は、2時間いる場所で地震に遭う可能性の“倍”です。

たとえば平日に毎日 30分(往復 1時間)、通勤のために地下鉄に乗る人がいるとします。オフィスには朝 9時から午後 7時までいて、自宅には夜 9時から朝 7時までいます。これが平日。

土日は午前 10時から夕方 5時まで出かけ、その他の時間は家にいるとしましょう。

この人が一週間に地下鉄に乗っている時間は計 5時間、オフィスにいる時間が計 50時間、家にいる時間は計 84時間です。

なので、自宅にいるときに大地震に遭遇する確率は、地下鉄に乗っている時に地震に遭う確率の 17倍です。

また、一週間は 168時間なので、この人が地震に遭遇する場所が「自宅かオフィスのいずれか」である確率は 80%です。

なのでまずは、この二つの場所に絞って災害対策を行いましょう。

もちろん子供に関しても、どこにいる時間が何時間なのか、週単位で計算してみましょう。

滞在時間の比率は「そこで地震が起こる確率」と同じなので、まずは滞在時間の長いところで地震が起こった場合、親とどう連絡をとるのかを確認しておけばよいのです。


そして、会社にいるのが長い人なら、自宅だけではなく会社にスニーカーや着替え、常備薬を置いておくべきです。

たとえば「昼間はずっとコンタクトだが、夜はメガネ」とか、「毎日、夜寝る前に持病の薬を飲んでいる」という人は、

会社に予備のメガネや常備薬を置いておかないと、電車が止まってしまい、数日間それらを手に入れられなくなるかもしれません。

「不可欠なものが家にだけある」のは、会社に長い時間いる人にとっては大きなリスクです。


なお、大半の人が最も長い時間いる場所は「ベッドの上」だと思います。仕事は少々長くても、土日が休みだったりするからです。

そうであれば、最も意味のある防災対策は、「ベッド周りから危ないものを除去する」ことです。

たとえば、背の高い本箱や、固い絵のフレーム、アイアン枠に割れやすいガラスをはめ込んだ室内窓、落ちてきた時にケガをしかねないガラス製の照明器具など。

こういうものを、寝ている時の頭の近くに配置するのは絶対にNGです。


地震の最初の揺れがガツンときた時、これらが落下、転倒、割れることによって顔や目、首などに大ケガをして出血してしまったら、

多くの場合、停電で暗闇の中、余震に怯えながら、パニックせず冷静に止血できる人などいません。

隣に寝ている子供の顔にガラス片が刺さって泣き叫んでいても、暗闇では状況さえ把握できないでしょう。

あたりまえですが、地震がおこれば救急車も来ません。通報が殺到して消防署もパニックなのです。

防災対策として高価な防災バッグを買う前に、まずは自分がもっとも長くいる場所、特に、寝ている時に頭部がくる場所を徹底的に安全にしておきましょう。


2.逃げ道を確保する

逃げ道を確保するため、地震が来たらすぐにドアを開けろと言われます。ドア枠やドアが変形し、開かなくなって、逃げられなくなるのを防ぐためです。

同じようにもうひとつ、家庭では安全に逃げるためにやるべきことがあります。

ひとつは玄関を安全な場所にすること。もうひとつは、玄関まで安全に行けるようにすることです。

なぜ玄関かといえば、マンションやアパートなどでは、玄関が唯一、外部への連絡通路だからです。

逃げるにしろ外の様子を見に行くにしろ水などをもらいにいくにしろ、玄関は必ず通らないといけない場所です。

ここが危険だと、毎回(余震が続く中)危険な場所を通らねばならなくなります。


たとえば!
私は本物の鏡は玄関には置きません。

玄関で鏡が割れて粉々になると出入りが危なすぎるし、靴を履いたままになりがちな災害時には、屋内にもガラス片を持ち込んでしまうことになるからです。


また玄関で鏡が割れると、飛び散った破片が玄関においてある靴に入ってしまいます。

玄関に出しっぱなしにしてある靴は一番よく履く靴です。災害時、逃げようというときに、その靴が履けなくなるのはつらくないですか?

ガラス片を出して履けばいいじゃないかって?

停電中で暗闇の中で? 余震の続くなかで? 掃除機も動かないのに?

なので我が家では、玄関には下記のような「割れない鏡」を置いています。

割れない軽量みだしなみミラー20×90シャンパンゴールド RM-40
J.フロント建装
売り上げランキング: 30,740

見た目は完全な鏡だし、軽いし割れないしといいことばかりで、もう何年も愛用しています。


あとは玄関まで安全に移動できるよう、ベッドの側にビニール袋に入れたスニーカーを置いておきます。

夜、大半の人は裸足で寝ていると思いますが、停電で真っ暗になり、倒れた本や家具が散乱する中、手探りで歩き、靴のある玄関まで“裸足で”辿り着くのはめっちゃ危険です。

ベッドサイドに靴をおいておけば、食器が割れて飛び散った台所を通って玄関に逃げたり、避難用具を探す際、ベッド横からすぐに靴を履いて移動できます。

スリッパだと(その上に)ベッド周りで割れたなにかの破片が飛んでる可能性があるので、「スニーカーをビニール袋にいれて」枕元に置いておく、のがベストです。

私は古くなって履かなくなったスニーカーをこれ用に使っています。


3.飲料+現金と通信手段の“備蓄”を

311以来、水や食品を備蓄している人は多いと思います。災害が起こるとすぐにコンビニに列ができ、水やパンが売り切れてしまいますが、

数日分の飲料と、火がなくても食べられるお菓子(クッキー的なもの)はある程度、家においとくのがよいと思います。

が、実は水や食料以外にも備蓄が有効なものがあります。


まずは「現金」です。電気や通信網が寸断されると、ATMはもちろんネットバンキングも一瞬にして止ります。

もちろんカードも電子マネーも(使用時に通信が必要なため)使えません。

今はカードや電子マネーが普及し、あまり現金を持ち歩かない人が増えていますが、イザという時に財布に2万円入っているのと、3千円しかないのとでは、不安さ度合いも異なるでしょう。

現金は通常の「使用=決済手段」には向きませんが、「防災グッズ」としてはまだ意味があるのです。


災害が起こっても、その周辺地ではタクシーが動いている場合もあるし、大人なら 20キロ歩けば、ホテルが空いている場所までたどり着ける場合もあります。

財布には数万円、自宅には 10万円くらいの現金を“備蓄”しておくのは、泥棒や火事のリスクを差し引いても、意味のある災害対策になるです。(だからと言って何百万も家におくのはまったくお勧めしません・・。)


次に、通信手段の備蓄です。ひとつは回線です。

みんな「災害の時にはネットが役に立つ」というけど、実際には災害が起こった時、「どの回線がつながりやすいか」は状況や地域によって大きく異なります。

最近は割引制度を利用して家族全員が同じ会社のケータイを使っている人も多いのですが、家の中に、固定電話もあり、auを使ってる人、ソフトバンクを使ってる人、ドコモを使ってる人、さらにWiMaxパソコンと光フレッツ回線など、できる限り異なる回線が使われていることは、災害対策としてそれなりに有効です。

電源についてはレバーを回してケータイやスマホの充電ができるようなグッズもいろいろ売られているので適宜検討しましょう。

なお、災害時はスマホの電気を節約することがとても大事なので、ラジオや懐中電灯など長い時間使いたいものに関しては、電池式の専用機を(電池とともに)用意しておいたほうがいいと思います。


amazonの防災グッズ

★楽天の防災グッズ特集ページ★


あとは、救急道具や持病の薬の備蓄です。

大災害の時には、救急車は来ないです。

病院も機能しない可能性が高いし、薬屋さえ開いていません。

頭痛持ちの人は頭痛薬を切らすべきではないし、持病の薬も1週間以上の在庫はもつべきでしょう。一日何も食べないより、一日、頭痛が止らない方がツライと思います。


4.備蓄したものを使ってみる

水や食料の備蓄に関しては「計画的に使う」ことが大事です。

備蓄品が消費期限切れとなって使えなくなってしまうのを防ぐためだけではありません。

大災害があると買い占め行動が起こりますが、この理由はみんな不安だからです。

どの程度の備蓄があれば、どの程度の期間、暮らせるのかが、わかっていないから不安なのです。

だから家にペットボトルの水が 2ケースもあるのに、いくらでも買いたくなります。これが全体としてパニック買いを引き起こします。


問題は、みな「自分の家では、一週間の生活に必要な水、食べ物、トイレットペーパ−などが、どのくらいの量なのか」を把握していないことです。

それさえ理解できれば、十分な備蓄をもちながら、まだ不安で物資を買いまくるという馬鹿げたことは起こりません。

なので、一年のうちのどこか 二日ほど、
・水道の水を一切使わず、備蓄の水だけで暮らしてみる、
・新たな買い物をせず、家にあるものだけを食べて二日ほどすごしてみる、
・1週間に必要なトイレットペーパーが何ロールなのか、きちんと記録を付けてみる、
というよう実験(防災訓練!)をしてみましょう。


「うちには 2ヶ月分の備蓄がある」と数字で理解&確信できれば、災害時にパニックして買い占めに走らなくてもすみます。

私たちを不安から解放してくれるのは「備蓄すること」ではなく、備蓄したモノを使うことにより、「適正な備蓄量を知ること」なのです。

また、備蓄品だけで暮らしてみれば、何が不要で何が必要かもよくわかります。

簡易トイレなども「買って終わり」の人が多いのですが、買ったら一回は使ってみるべきです。そうすれば、本当に不可欠なものなのか、不要なものなのか、一瞬にして理解できます。

今日は防災の日なんだから、家族全員、簡易トイレでうんちしてみたらどうでしょう? 

高かったのにもったいないって? 使えるかどうかもわからない「高いモノ」を買っておくことの方がもったいないです。

備蓄のスタートラインは、「自分は何が必要なのか」を理解することなのですから。


というわけで、少なくとも高価な「防災バッグ」を買う前に、こういうことやっといたほうがいいんじゃないかなってことをまとめておきました。



そんじゃーね。


http://d.hatena.ne.jp/Chikirin+personal/  http://d.hatena.ne.jp/Chikirin+shop/