ベレン

ベレンという言葉に、それだけでドキドキしてしまうような印象がくっついたのは、ワイルドソウルという小説を読んだ時です。


この本を読んだのが昨年の6月みたいですね。↓
http://d.hatena.ne.jp/Chikirin/20060615

ワイルド・ソウル(上)(新潮文庫)
新潮社 (2014-10-03)
売り上げランキング: 1,275

ワイルド・ソウル(下)(新潮文庫)
新潮社 (2014-10-03)
売り上げランキング: 2,234

で、昨年の9月には旅行を決めている。↓
http://d.hatena.ne.jp/Chikirin/20060901


で、この5月に旅行が実現。一年近く、待ちに待ったベレン行きだったわけです。

★★★

ベレンはアマゾンの河口の街。州都であり、この地域の中核都市です。

↑こういう感じなんですが、まるで漁村の街みたいでしょ。でもこれ、もちろん海ではなくアマゾン川です。むこうの方に“新市街”のビルが見えます。




ベレンはアマゾン川の終着点(始発点とも言える)だから、この港の船の多さは、「新幹線東京駅のホーム」って感じです。すべての船がここから、アマゾンをのぼっていくのです。

暗いのは天気が悪いから。時期が雨期で、一日何度もスコールがありました。

★★★


前にも書いたように街にはいろんな側面があるわけですが、ここでは港(川でも港というの?船着き場か?)の近くの風景のみ。ジュースおいしそうでしょ。きれいだよね。でもこんなの飲んだらすぐおなかこわしそう。

さて、ベレンも街のストラクチャーはこの前書いたのと同じ。セントロ、新市街、郊外。旧市街は他の街とちがって、川の船着き場にそって結構広々している。機能が拡散している感じもあります。人口密度が低い感じ。

今回感じたのは、同じように高温多湿の亜熱帯で、経済レベルが低い国(どこもかしこも冷房してある状況とは違う)でも、アジアと南米では印象がかなり異なるということ。その最大の理由は人口密度です。アジアはどこも人が溢れてる。こっちは人口はそこそこ多くても土地は広いです。それが独特の「ゆったり感」「ゆっくり感」につながっていると思うです。

★★★

ものすごい時間、歩き回りました。「ベレンを感じるために」です。他のところもそうだけど、「その街を感じる」ことがちきりんの旅の目的を一番ぴったりと表す言葉です。「京都に行って何を見る、何を食べる」ではなく「京都を感じる」ために行くのであり、その為に何をすればいいのか、どこにすればいいのか、と考えます。

ベレンを感じるために、あっちこっち歩き回り、様々なものを見たり食べたりしたわけですが、一番ベレンを感じるのに適当な場所は、と聞かれたら・・・「ベレンヒルトン」だと思います。ちきりん、ここに泊まりました。

「ヒルトン」がその辺りで一番いいホテルなのですが、これは旧市街にあるんです。もうおわかりでしょうが、新市街に行けばもっといいホテルもあります。クラウンプラザなど同等のホテルが郊外地域にもあります。

が、この「旧市街にあるヒルトン」が大事なのです。「外と中の格差」、これを感じることができる唯一のホテルだと思います。

★★★

ちきりんが感じたいと思っていたのは、「必死ですがる人たちを、無感情に切り捨てる世界」です。その切り捨てる方の世界にいる人の「不安を裏返しにした驕慢さ」と、「滑稽なプライド」です。

移民がどんどんやってきていた頃のベレン。支配者層であるポルトガル他欧州からやってきた白人達。移民としてやってくる人を迎える日本の外務省の官僚など。そして実際に世界各国からやってくる移民の人たち。

大半の移民は本国での成功ではなく異国での成功を目指してやってくる人たちだ。ひどい環境に置かれる彼らを、移民を送り込んだ政府関係者は無情にも切り捨てる。しかし、彼ら自身、黄色人種の文化度の低いアジアの国の人であり、ブラジルの支配層と対等に交渉できる立場にあるわけではなかっただろう。

そして、ベレンにおいては最高権力者である欧州からやってきた支配層さえ、いつかは本国に帰って、その本流である権力グループに戻ることを希求していたであろうと思われ、彼らには彼らのレベルの憤懣があったんだと思うのだ。

つまりね、不安と不満と、そしてその裏返しとしての残酷さと驕慢さの“入れ子構造”があったと思う。誰が悪いというシンプルな話ではなくて。


ベレンヒルトンは、そういう無慈悲な、でもちょっと哀しい「世界の境界線」のドアとして機能している。

このホテルのドアをでて、効き過ぎの直接的な冷房の風があたる世界から、バカ高い湿度の、ほこりと喧噪の光の世界に入る時、その「世界を超える」感覚がビビッドに味わえる。

ヒルトンのロビーや受付の、慇懃無礼な空気は、一歩下がって見たときには、なんとも言えない滑稽さに溢れている。

外から帰ってくるとき、外にでていこうとする時、その世界を自在に超えられる不思議な爽快さを感じることができる。そういう場所です。「ヒルトンだけは別世界」という存在。そういうホテルです。

出張で行けばここには泊まらないだろう。新市街に泊まると思う。こちらに泊まれるのが休暇の価値。

★★★

いつかまたベレンに行くことがあるだろうか?

もしあるとしたら、ちきりんは今とは全然違う人生を歩んでいると思うよ。



そういう感じ。

そんじゃあね!