ペットボトル入りお茶と水の違い

仏壇にお茶を供えて一日おいとくと、この季節、お茶の上にカビが浮くのよね。白い丸いカビが二つくらい浮きます。

手抜きしてペットボトルのお茶を入れて供える日もあって・・・ああ、こんな手抜き、ご先祖様ごめんなさい!お父さんごめんなさい!って感じなのだが、

二日くらい置いといても、発生しませんね。

かび。


やっぱいろいろ入ってるってことよね。ペットボトルのお茶。いかにも「ヘルシーでございます」って顔して売られてるけど、やっぱり「カビが生えない何か」が入れてあるわけだ。カビや雑菌を殺してしまうような何か。

そういうものを毎日毎日何十年も飲んでいたら、そりゃーガンにもなるわよな、と思う。胃壁も腸壁も“イイモン”の雑菌やらカビやらで守られている気がするもの。そーゆーのも殺しちゃうわけでしょ。ペットボトルのお茶。結局のとこ、毎日薬飲んでるようなもんです。はい。


最近の日本で売られてるお餅も、カビ生えにくいですよね。家でついたおもちって、すぐにカビだらけになる。食パンだって昔はカビがすぐに生えてませんでした??最近、パンもカビが生えにくい気がするのはちきりんだけか?

どうもね。食べ物ってどんどん“毒化”してると思う。


★★★

最近の冷蔵庫って氷を勝手に作ってくれるでしょ。あの容器の部分も汚れるのよね。ある程度ははずして洗えるようになってるけど。

ただ、カビが生えるか?というと、水道水を使っている限りは大丈夫なんです。そもそも氷を作る冷凍庫はマイナス20度とか?だし、水をいれる冷蔵庫の部分だって常に5度くらい。だからあんまりカビは発生しない。というか、水道水で氷作るとカビない。

が、実はボトル入りのミネラルウオーターをあそこにいれて氷を作ると、そんな温度なのにカビが発生するのよね。だから冷蔵庫の説明書には、「氷は水道水で作ってください。ミネラルウオーターを使わないように」って書いてある。



これ、おもしろいなと思うです。

こっちの場合、ペットボトルに入っているミネラルウオーターの方が“自然”なわけ。水道水の方が“カビも生えない状態”に消毒されている。


そういうこと。

それが違い。同じように見えて、“ペットボトル入りお茶”と“ペットボトル入りお水”は、全然違う。



食べ物が安全かどうか知りたければ、皿にのせて、コップにいれて3日放置すればいい。カビが生えないものは・・・長期間継続して食べたり飲んだり、しないほうがいいと、思う。

んじゃね。