感染症が問う社会のレベル

ちきりんは医学には詳しくないですが、ここ10年くらいの間に“感染症ってすごい怖いんだ”ということは理解できはじめました。今までなら“怖い病気”と言われたらすぐに“ガン”を思い浮かべたけど、今“怖い病気はなにか”と問われれば、“感染症”と答えるかも。ちきりんは(一応)“社会派”なので、“社会的な怖さ”と考えると、感染症はガンの怖さを遙かに凌駕していると思います。

そういえば、昔は死病といえばガンではなく結核だった。結核は感染症です。だから昔の映画やドラマで結核の人がでてくる場合、それは医学的な問題としてだけではなく、社会的な問題として描かれることが多かった。嫁いできたお嫁さんが結核になると、屋根裏に隔離して食事もドアの外までしか届けず、もちろん跡継ぎとなる子供にも会わせない、とかね。遊郭を舞台にした映画でも、肺病になった女の子が狭い物置に隔離されたりする。

現実の話としても、戦後、街で赤痢患者などが出ていた頃には、患者を出した家の人が自殺したりすることもあったらしい。大がかりな消毒作業が行われたり、風評で隣近所の食べ物屋が潰れるなど、周囲に大きな迷惑がかかるから。そんなふうに、感染症には、病気になった人が幸いに回復しても、社会的な死者の出る病気、というイメージがある。


でも結核の特効薬が現われ、衛生状態がよくなり予防ワクチンができたり、栄養状態も改善して、、、感染症がすごく怖い!という認識は高度成長と共に次第に薄れてきていたのではないかしら。それが、再び注目されたのは鳥インフルエンザやSARSなど異常に致死率の高い(&感染力も高い)ウイルスが確認され、流行の兆しを見せはじめた頃ですよね。SARSが大問題になったのは2003年頃で中国、香港等が舞台、海外旅行が一気に減るなどの影響があった。

その次に記憶に鮮烈なのは、鳥が大量に死んでいたのに卵や鳥を出荷していた浅田農家の事件。最終的には社長夫妻が首つり自殺をした。本当は鳥インフルエンザを疑い、鳥を処分しなくちゃいけなかったのに、そんなことしたら会社が潰れるからできなかったんでしょう。でもそれが原因であちこちの養鶏所が出荷を止めざるをえなくなり、消費者が卵を買わなくなる事態にまで発展した。

そして2年前からの豚インフルエンザ騒ぎ。SFに出てきそうな宇宙服にマスクの人達が飛行場で薬を散布しまくる様子は、後から「あれはパフォーマンスであり、実効的な意味は特にないんです」と聞く以前から意味不明な行為に見えていた。流行地の神戸は観光面で大打撃を受け、休校になった高校生達はカラオケ屋に押し寄せた。マスクが店頭から消滅し、ネットでは1万円ものマスクまで売られていた。


「怖い病気だよね」と痛感した。

命や健康を脅かすと疾病としての怖さだけではなく、社会や人間にその良識や問題解決能力を問う病気なのだとわかった。ガンで民族が滅亡する可能性は考えにくいけど、感染症は過去においても発達した文明を滅亡に追い込んできた歴史がある。地球温暖化で地球が滅びるとかいうけど、ちきりん的には、この現代の文明が消滅することがあるとするなら、その最も有力な理由は感染症ではないかと思うです。


赤松農林水産大臣の、宮崎の口蹄疫問題に関する発言の“口調”がちきりんにはとても気になる。種牛殺処分の延期を求める宮崎県に対し、ありえないと答え、「まだあの49頭が生きていること自体が問題だ」と断じる大臣の口調には、これらの種牛を処分せよと命じられている人達の心持ちへの配慮があまりに欠けているように思えるから。感染防止の観点からはすぐさま殺すことが必要なのかもしれない。だけれども、もう少し言い方があるんじゃないか、と思う。「心中は察して余りあるが、これらを生かしておくことがどれだけ危険なことか、もう一度理解を求めたい」くらいの発言をなんでしないのかな、と。

そもそも国って簡単に「すぐに殺して72時間以内に埋めてください」とかいうけど・・・・畜産農家って牛を数頭もってるとかじゃないでしょ。豚なんてもっと多いよね。百頭、千頭レベルの牛や豚を即刻殺して埋めろといわれても、「どこに埋めるの???」って感じじゃないでしょうか。どうやってその穴を掘るの??工事用のショベルカーを手配して???そんなこと、費用の面からも手配の面からも、畜産農家や養豚家が今日明日にできることじゃないのでは?なんていうか、相変わらず中央の役所から飛んでくる指示っていうのは現場感がないよね、と。


種牛の処分に抵抗している宮崎県の畜産関係者の気持ちはよくわかるし、やりきれない思いがします。牛の肉質は遺伝に大きく左右されるから、種牛を全部処分することは“品質”のすべてを捨てることを意味する。しかも同じレベルの種牛を育てるには最低10年、長いと20年もかかるでしょ。現在50歳以上の畜産関係者にとっては時間だけでも“廃業勧告”に近い。年齢が若い方でも、得られる補償額は被害額の半分にも達しないんじゃないかしらん。

イギリスは2001年に発生した口蹄疫で牛、羊など1000万頭を殺処理したし、台湾は1997年に豚380万頭を含む家畜500万頭を殺処分している。日本では今のところ殺処分の対象は数万頭と報道されており、その数はイギリスや台湾の100分の1以下だ。

ということは、今の規模で収束させることができたら英・台に比べれて圧倒的に軽傷で済むことになる。反対に、ひとつ間違えれば問題が本州の家畜にも飛び火し、被害が100倍になる可能性をはらんでいるわけだ。今の段階で収束に向かわせられるかどうかが勝負であって、全国の畜産農家、養豚場や養鶏業者の方は生きた心地がしていないだろう。(実際には飲食店から食品メーカーまで巻き込んだパニックになる可能性さえある・・)


これって実は都会の人にも他人ごとではない。都会には「家族の一員です」といって犬や猫をかわいがる人も多いけど、それらの犬や猫がかかる感染症で危険なモノが現われたら、いきなり法律で「都内のすべての犬・猫に殺処分を命じる」と言われる可能性もあるんだから。「うちの○○ちゃんは家族の一員なんですっ!」とか言っても、「何を言ってるんだ。まだ殺してないのか。」みたいに言われちゃう。

おそらく国が殺処分を求めないのは、かろうじて“人間”だけでしょう。その人間でさえ、流行る感染症の致死率や感染力によっては、完全隔離が求められる日がくるかもしれない。たとえ2歳の赤ちゃんでさえ、その病気だとわかったら隔離病棟に移され、いつ死んでしまうかもしれないのに親も会うことは許されず・・・みたいなことは十分に想像できる事態じゃないかしら。その患者がでた家族は全員一切の外出を禁じられて自宅に幽閉され・・みたいなね。ちきりんに小説家としての才があれば、一作書いてみたいくらいだ。

結局のところ感染症が問うのは、医学や薬学のレベルではなく、人間社会のレベルなんだよね。


最後に、感染拡大が起こった時期に赤松大臣がGWにキューバに“外遊”していた件。農林大臣がキューバに行く用事ってなにさ?って感じですが、大臣、政治家、さらに地方行政団体の長や議員達が、GWやお盆に“税金で海外旅行”もしくは“税金で国内温泉旅行”に行くのは、この国で広く行われている慣行です。“天下り”と同じくらい広く行われている慣行で、呼び名は“外遊”とか“視察旅行”、“議員研修団”とか。

海外の場合の行き先は、小国が多いです。小国なら二国間には難しい外交問題もないし、しかもODAなどの(これまた税金で買った)お土産をもっていけるから、日本ではイチ大臣に過ぎなくても現地では国王みたいな待遇で迎えて貰える。

しかも官僚はこういう旅行をお膳立てすることにより、大臣に取り入ることができる。時には弱みも握れる。何でもよろしくやってくれる官僚達に、大臣だって感謝する。

既に口蹄疫の感染拡大が予想されていたタイミングで、農林水産大臣が本当にキューバにいく必要があったのか、ということについては、当然問われなければならないけれど、でもこの件については、鳩山総理が久しぶりにいいことを言っていました。いわく「今は責任問題を云々する時ではない。今は対策をとることが大事なのだ」って。


そうね、ちきりんも同意します。今は対策が大事。


責任の方は、7月の参議院選でとってもらえば十分です。


そんじゃーね。