ニューヨーク恋物語

昔よくハリウッド映画の日本での封切り時に「全米で大ヒット!」「全米で感動の嵐!」というような宣伝文句が使われてたでしょ。

最近スカパー!で韓国ドラマに続けとばかり中国のドラマもよく放映されるんだけどね。その宣伝文句が「全中で15億人が泣いた!」


ほんまかい!


インド映画の宣伝は「インド人15億人が踊った!」でどうだ?
中国とインドで流行った場合は

「地球上の二人に一人が泣いた!」とかかな。

★★★

“ニューヨーク恋物語”という、超古いドラマをスカパー!で再放送してて、もー画面から目が離せない。

知ってます?井上陽水が「ホォッテルはリバアサイ、かあわぞいリバアサイ〜」と唄い、田村正和と岸本加世子のでてるやつね。“もーあまりにすごくて目が離せません。

主演の田村正和。右から見ると古畑任三郎であるが、左からみれば“LEON表紙のオヤジ”である。そうか、コンセプト自体は昔からあったんだな、ちょいワルオヤジって・・と気づきます。

いやほんと、LEONの表紙そのものですよ。そして「私のことなんて全然愛してないのね」という女性にたいして、「お前は愛を求めてたのか?じゃあ、オレのところなんかにきてもしかたないだろ。」って言うんです。白いバスローブ着て。


白い。

バスローブ。




ほえ〜。


しかもピアノバーのバーテンやってるのだわ、田村正和。
すごい、すごすぎる。。。
NYのピアノバー・・・。。。

★★★

桜田淳子が、「日本社会で成功できず、だからNYに行って一発逆転を目指す」という、しかも「ウォールストリートでアシスタントディーラーなんだけど、あたしは体売ってでものし上がるわよっ!」というあまりにも80年代的な役回りで・・


“時代”だなあ・・


桜田淳子さん、セリフ噛みぎみではあるが演技力あるよ。統一教会なんて入らなければいい役者だっただろうに。せめて創価学会にしとけばよかったのにね。もったいない感じです。


女性陣は他にもいろんな人がでてくるのだが、「主演女優が岸本加世子である」というところがまた“時代”である。ああいう“アンニュイ”っぽい人が憧れられてた時代だと思うんだよね。ぷっつんな人生がかっこいい、みたいなトレンドがあったと思う。

ドラマの制作は88年。日本が永久に終わらないのだと信じていたバブルの崩壊まであと一年。富士銀行が世界のトップバンクであった時代。日本人はNYで恋物語のドラマを作ってた。

日本中のおじさんもおばさんも憧れた。「ニューヨークで恋をする!!」



ばぶるだ・・・


つまり、明大前とかじょーじとか、百万遍とかミナミとか、そんな地味なとこで恋してるばーいじゃないだろと。NYだと。恋するならと。なんたって、“Japan as Number 1”なんだから。天下の日本人だぞと。エンパイヤステートビルも買っちゃうぞと。


セントラルパークのレストラン、なんだっけ、たべるなおんざぐりーんだっけ、あそこがやたらと“きらぎらしく”でてくる。日比谷公園の松本楼みたいなとこなんですけどね。

で、田村正和シャブリをオーダー。しかもNYロケなのに、ぎゅうぎゅうのレストランでも田村正和、すかして煙草吸ってます。NYもそういう時代ってこと。


真田広之が「心のきれいな青年」役なのも今ではあり得ない気がするなあ。もったいなすぎるキャスティング。

これ何が一番おもしろいって、「韓国ドラマ」に似てるわけ。仰々しいセリフとか、海外ロケとか、わざとらしいキャラ設定とかね。

ああ、こういう超はりぼてちっくなドラマが好きなんだな〜、ちきりんは。とわかったです。

リアルなドラマとかおもしろくないわけ。ドラマなんてドラマなんだから、とことん「人工的」な方がいい。



テラスで髪の毛洗ってもらうのが永遠の夢かもね。


んじゃ!