新刊、本日発売です!

『社会派ちきりんの 世界を歩いて考えよう』が本日発売です!

“ちきりん本”の一貫したテーマは「考えること」です。一冊目の『ゆるく考えよう』は「どう生きるべき?」について考えたことをまとめ、二冊目の『自分のアタマで考えよう』は、「考える技術」そのものを、様々な社会問題を事例にとって解説しました。

そして今回は、私が20歳の頃から世界を歩き、考えてきたことをまとめた本です。


詳しい目次などは、こちらのエントリをご覧ください。

社会派ちきりんの世界を歩いて考えよう!

社会派ちきりんの世界を歩いて考えよう!


先日、知人と話している時、
「人生と旅という、自分にとっての大事なふたつのことについて、本が出せて幸せだよん!」

と話したら、その人は、

「おかしなこと言うね。人生と旅は並列じゃないでしょ。普通、旅は人生の一要素でしょ?」と・・・『自分のアタマで考えよう』の「第六章レベルを合わせて考えよう!」で書いたルールを、適用されてしまいました。(これだからむやみに論理的な人はヤだよ・・)


言われてみれば確かにそうですよね。人生の中に仕事や家庭や趣味があり、その趣味のひとつが旅行である、というのが、普通の感覚だということはわかります。

でも・・・私にとっては、人生と旅って重要性においてほぼ並列なんです。「旅することは生きること」と言えるくらい大事なことであり、旅のない人生なんて考えられない。それくらいたくさんのモノを私は、これまで「世界を歩くこと」から得てきたと思っています。

それはきっと皆さんにも(そして上記の知人にも)、今回の本を読んでもらえればわかってもらえるはず。


ぜひお近くの書店でお手にとってみてくださいー!

  ・アマゾン販売画面→ 『世界を歩いて考えよう!』

  ・楽天ブックス→ 『世界を歩いて考えよう』




そして・・
★★★出版記念講演やります!★★★

2011年5月23日現在、この講演会は満席となりました。ありがとうございます!

新宿のコクーンタワーってご存じでしょうか? 


ファッションやデザイン系の専門学校「東京モード学園」が入っている、“繭の形”をした巨大ビルで、すごいインパクトのある建物です。都庁の設計などで有名な故丹下健三氏の息子さん、丹下憲孝氏の設計とのこと。なるほどなるほど。 → 参考サイト コクーンホールなど


今回の講演は、コクーンタワーの地下1F&2Fにあるブックファースト新宿店さんの主催で実現しました。

6月1日(金)の夕方で、チケットは有料(1000円)、店頭でチケットを買うか、電話予約も可能です。定員は530名。
 (→ チケット購入、予約方法の詳細はこちら

ちなみにブックファーストのお店も、コクーンタワーに負けない近未来的なディスプレイが素敵です。


ちきりんもこのコクーンホールに一度入ってみたかったのですが、今まで機会がありませんでした。自分が講演する形で最初に入ることになるなんてびっくりですが、たくさんの方に来て頂けると嬉しいです。

当日は、過去20年の旅行の写真をふんだんにご紹介しながら、私がどんな旅行をしてきたのか、そして、世界を歩いて考えた結果、これからどんな世界がやってくると考えているのかについて、存分にお話ししたいと思っています。

なお、講演用の“コクーン・スペシャルお面”はこれから製作予定です。普通の人は講演と言えばプレゼン資料だけ用意すればいいのですが、私の場合、プレゼンの資料よりお面製作の方が手間がかかるのが大変なのですが・・・頑張ります!



そんじゃーね!


・アマゾン販売画面→ 『世界を歩いて考えよう!』

・楽天ブックス→ 『世界を歩いて考えよう』

社会派ちきりんの世界を歩いて考えよう!

社会派ちきりんの世界を歩いて考えよう!