人手足りません

フィリピンの最大の外貨獲得産業が何かご存じでしょうか。海外に働きに行っている人からの仕送り金です。これが最大輸出産業。

っていうとジャパユキさんを思う人が多そうですが、実際にはお手伝いさんとか、建設現場作業員が一番多いはず。

中東とアジア、香港、シンガポールなどにはフィリピン人のお手伝いさんがたくさんいるし、石油発掘工事とか化学プラント建設の現場にもいます。イラクでも米軍基地のまかない一切をやっているのがフィリピン人メイドと作業員だったりします。そういうところは平和な国より時給が高いそうです。

フィリピンは日本にも労働力を輸出すべくずっとその要求をしていますが、日本は頑なに拒んでいます。ちなみに日本では、外人はフィリピン人お手伝いさんの労働ビザのサポートができますが、日本人ではフィリピン人お手伝いさんを雇うのは難しいです。

これすごい変です。うちの会社も外人のエグゼクティブは安いフィリピン人メイドを雇えて、日本人エグゼクティブは時給の高い日本人お手伝いさんを雇う必要があります。なんで日本政府って西洋人にまだこんなに弱いんだろ。


ちょっと話がずれました。ちきりんが言いたいのは、いいかげんに海外から人を入れないと日本は持たないよ、ってことです。お手伝いさんを雇いたいエグゼクティブがそんなにいるとは思えませんが、問題は介護です。

今年生まれる赤ちゃんは120万人なのに、今40才くらいの人って200万人いますからね。普通に算数して、こんなの支えきれるわけがありません。介護保険が赤字だからってやたらと在宅介護を推進しようとしていますが、まじ?って思います。どうやってそんなのが解決方法だと思えるのか、思考を疑います。

在宅介護を主流にするなんて無理です。お金の問題ではないのです。病院や施設などの箱ものの問題でもありません。介護する人の数がたりません。ロボット?あんまり現実的ではないですよね。

一部の人は、海外に住んで安く自分専用の介護人を雇って生活するようになっています。でも海外で年取ってから住むのは大変でしょう。特に今まで全く海外に住んだことのない人にとって。


そして、フィリピンのような近いところに若年人口が大きくて国内には仕事のない国がある。なんで政府が消極的なのか全くわかりません。治安が悪くなるとか思っているのかしら??そんなの放っておいても悪くなるし、治安の悪さの解決方法は別途考えればよい話です。怖いから何もしない、で済む状況ではないのに。


なんとなく、「日本は単一民族」というような右翼的な思いこみっていうか変な思想が根底にあるような気がします。笑えるけど。その単一民族とやらの数はもう減っていくことが確実なんですけど。早めに海外から労働力を入れた方がいいと思います。

本当に立ちゆかなくなってから入れると、最初は問題が噴出します。いろんなことを少しずつ解決して、海外の人が労働力としてスムーズに働けるような制度や私たちの受け入れ態勢を作っていくのに10年はかかるでしょう。早めに始めた方がいいと思います。時間をかければお互いにうまくやっていける方法が見つけられます。


香港ではお手伝いさんの月給は8万円程度。それ以上に稼げる人であれば、自分が介護や育児をするより働いた方が世の中の経済価値は大きくなる。

日本でも15万円くらいで雇えるようになれば、15万払ってでも介護や育児を依頼したい家庭もあるでしょう。女性だけの話ではありません。育児と違って介護に関しては、そのうち男性も「仕事か介護か」という選択を迫られる人が多くでてくるんだから。

こういうことが実現するには、ひとつの大きな社会システムを作る強力なリーダーシップが求められてますよね。世の中のリーダーの方、よろしくお願いします。

あくまで他力本願のちきりんでした。

ではでは