サンパウロ 旅の終わりに

最後の日にサンパウロの東洋人街で不思議な体験をした。

ほとんど偶然のように、ちきりんはその食堂に入った。ブラジルによくあるビュッフェスタイルの食堂。そこはちきりんが通っていた小学校の体育館くらいはあるような広さだった。

作りは安普請でプレハブに近いようなつくり。天井が高くて全体が見渡せるだだ広いその食堂には、昔の大学の学食にあったような安物のテーブルが並んでいる。その数、何十個、いや百を超すかも。しかも、縦横整列できれいに並んでいる。配置になんの工夫もない。

椅子はビニールがところどころ破れた原色で、パイプ椅子で・・かなりレトロなタイプ。

★★★

ブラジルにはビュッフェスタイルのレストランがたくさんある。新市街にも旧市街にもある。キロあたりの値段が店によって異なるが、基本は量り売りだ。

入り口で伝票を受け取る。ビュッフェに並んで好きなモノを好きなだけお皿に盛る。最後に重量を量ってもらい、伝票に値段が書かれる。飲み物なども別途、記載される。席を適宜決めて食べる。最後に伝票をレジに持って行って精算、という流れ。ひとりで旅する人にはとても便利な仕組みだ。

ビュッフェにはいろんな料理が混在している。大半のビュッフェで寿司も出る。イタリアンも多い。様々な国からの移民が持ち込んだ料理が全部でる。ビュッフェがこんなに充実している国はなかなかない。それが“移民の国”を象徴する。


旅の途中いくつかのビュッフェを利用したが、ここはひときわ巨大だった。そして内装や家具があまりにもみすぼらしかった。ところが料理の方は反対で、他のビュッフェのどこよりも充実していた。種類も味も“すばらしい!”の一言だ。これ、日本に来て欲しいよ、と思うほどだ。

そして、ちきりんがここを大好きになった最大の理由は、なんと生バンドが入っていることなのだ。(土日だけらしい。)

それも昔の小学校で体育館で文化祭をやる時のような・・・生バンドというより、素人演芸会というか、フォーク少年というか、のど自慢大会つーか、なんつーか、かなり微妙な人が生演奏している。

それを聞きながらご飯を食べる。ご飯自体はとても美味しいのだが、その微妙さ、、、文字ではなかなか伝わらないと思うのですが・・・想像してください。

天井の高い、だだっぴろい、プレハブの体育館で、その辺の中学生のロックバンドかなんかを聞きながらビュッフェを食べる風景を。

★★★

しかも、食べている人側もかなりおもしろい。人種がいろいろ。服装もいろいろ。集団のタイプもいろいろ。そして食べる態度もいろいろ。

まるで家族パーティ?みたいなグループもある。おばあちゃん、おじいちゃんから夫婦、孫まで10人くらいで、ビュッフェでとってきたお皿から食べ物を分け合い、わいわい話ながら飲みながら食べている。

一方でむっすりと、もくもくと、一人で食事する老若男女もあり。不機嫌というよりは“近所の食堂で遅い朝食”という感じ。

車いすで来ている人。風船持ってきている子供。ほとんど裸??(いや、水着??)みたいな人、入れ墨だらけの人・・・


ちきりんは最初ランチのつもりだったが、途中でビールを買ってきて、生演奏を聴きながら飲み始めた。これはなんか、違う世界だな、という感じだった。

これがサンパウロだ、という気がした。違う世界に来ているよね、私、と。

足でリズムをとりながら、へたくそな素人の歌を聴きながら、多国籍料理のビュッフェをつまみに、ビールのみます、体育館で〜。



こういう瞬間が旅の醍醐味です。

実はちきりん、この前日に“移民歴史資料館”に行っていて、そこがまたすごい充実した資料館で、いろいろ考えちゃっていたわけです。

が、この食堂で、まさにこれを大衆食堂というのだと思うが、なんか楽しくなっちゃったわけです。ああ、ブラジルだなあ、と。ああ、サンパウロだなあ、と。


がなり立てる生演奏の声は、ほんとに人前で歌うか、それ?みたいな男の子なのだが、それをほぼ無視してご飯食べてる皆さんも含め、ちきりんも含め、ああ、おもしろすぎる、と。

ほんとに不思議な異空間だった。


ここで、ちきりんの旅も、ブラジル旅行エントリも、終わりにしましょう。



そんじゃーね!