縮小市場への二つの解決方向

日本は少子化がすごい勢いで進んでいます。今35才くらいの人が団塊ジュニアピーク一で、一学年の数が200万人を超えています。人数が多い上に、就職時に不況に見舞われた「不幸の世代」です。

今の18才人口は、すでに130万人程度。200万人から130万人に減るって、減少率を計算するとすごいことです。

じゃあ学校はそんだけ減ったか?というと、全く減ってません。東大京大をはじめとして国立大でさえ全然減ってない。私立なんて定員の総合計は増えてます。しかも今でも新聞とかで宣伝を見ます。来年の4月から「新学部創設!!」とか「新学科登場!」とか・・・

なんか、変じゃない?

って普通思うよね。これだけ市場が減少して、なんで供給が増えるねん?と。

★★★

公立が中心の義務教育ならわかる。そもそも赤字という概念もないからね。あと、最初は1学級の生徒数を減らすことで対応してた。昔は多すぎだったから。そして、それ以上に子供が減れば廃校もあるし統合もされている。

むしろ公立の小学校の方が人口に併せて減っているのに、私立の大学とかが全然減らないのです。どうしてもやっていけなくなったところが倒産するのが年に数校あるくらい。

じゃあ大学は18才人口が減っても困らないか?というと、そんなことはなくて、どこも“死にそう”に大変そうです。早稲田や慶應というような一流私大でさえ、生徒集めに必死です。ちなみに、この二つの大学の「生徒集めの方法」は全然ちがってて、早稲田は広末、愛ちゃん、佑ちゃんと“色物系集客”、慶應は藤沢キャンパスとかOA入試とか“革新プログラム系集客”です。

おっと話が逸れた。

★★★

なんで子供の数が減っているのに、供給側である大学がキャパを増やすのか?


まず大前提として「縮小できない体質がある」ということです。大学の収入はふたつ。授業料と補助金です。どちらも「学生ひとりあたり、いくら」です。つまり、学生数が増えないと収入が増えない。

しかしながら、大学のコストはふたつ。人件費と管理費です。これはいずれも学生数にあまり関係ないコストです。人件費って先生の給与とか研究費ですが、学生が2割減ったからって、2割の先生を首にするってできないでしょ。また、学生が2割減ったからって、既に建設してしまった校舎の建設費や維持費を2割減らすのも無理です。

つまり、一度、一定の学生数を前提に作られた大学は、学生数を減らせない運命にあります。どこも同じ。だから、全体として、こんなに学生が減っても大学は定員を減らせない。

ちなみにこれは国立大学も同じです。東大の定員も200万人時代から130万人時代に、“増えて”ます。圧倒的に入りやすくなったから「特定の勉強方法で入れる」みたいな漫画が売れるんです。

小さいお子さんを持つ親御さんに会うと、ちきりんはいつも言ってます。受験系の教育にはお金をかけない方がいいと。だって、これだけ子供が減れば、ほぼ全員、親がとても満足できるレベルの大学に入学できます。そんなことにお金かける必要ないです。

おっと、また逸れた。

★★★

もうひとつの理由が、今日の書きたいトピックです。

実は先進国はどこも少子化です。アメリカは少子化で困ってないけど、それは移民がいるからです。移民がたくさん入ってきて、しかも彼らは子だくさんだから。だけど、移民の子供はいくら多くても、授業料の馬鹿高い米国の一流大学の顧客には、なかなかならない。

だから、少子化で悩んでいるのは、どこの先進国も同じです。

ところが・・その解決へのアプローチが全然違うのよね。


まず、日本の大学がやってること。

どこの大学も付属校を新設しようとしています。新しく高校や中学を作る場合もあるし、一番流行なのは小学校を作るケース。今までは中学からや高校からの付属校だったのを、小学校から付属校にしようと。

この動き、どーゆーことかというと、

できるだけ小さい頃から子供を囲い込もう、ということ。小学校から“囲い込んで”受験なしで大学まで来てもらおうということ。

ところが、大学に希望の学部がないと、附属高校の生徒でも、最近は大学受験をされて外部進学されちゃう。

最近の大学がやたらと“総合”“社会”“政策”“情報”“国際”という名前をつけた学部を新設するのは、そういう名前のキャンパスのある大学に、せっかく囲い込んだはずの付属高校生をとられてしまい焦っていることをよく表している。

だから、今日本の大学は
・付属の中学高校を増やし、小学校まで作る。
・大学の学部をバシバシ増やす。(伝統的な法学部、経済学部、工学部だけじゃ、だめだ!と。)
という方向に走ってる。

★★★

これはこれで、ひとつの合理的な動きです。市場は小さくなる。自分が縮小することはできない。じゃあ、やるべきは“囲い込み”だと。

できるだけ小さい頃から囲い込む。判断力のでてくる18の時にも“うちの大学でいいや”と思ってもらえるように内部に多彩な学部を取りそろえる・・・


だけどこれ、実は大学間競争のひとつの方向性にすぎません。もうひとつの方向性は海外から学生を集めようという方法で、アメリカの大学などは、多くの大学が日本でも説明会を開いているよね。

★★★

というわけで、
(1)限られた市場を奪い合うために、できるだけ早期から囲い込む。
(2)限られた市場の外部から顧客を得るために、外に向かって営業する。

の二つの方法があるってことです。


日本の大学はなぜ(1)なのか?

最大の理由は「母国語が英語じゃないから」でしょ。

でも実はフランスやスイスにも海外から生徒を集客する力をもった有名校は存在する。さらにもっといえば、中国の大学が今や(国内にもあんなにたくさん学生がいるにも関わらず)同じことをしようとしている。

日本語だから、(1)しかないのだ!!って、言ってていいのかな〜って感じだ。

そもそも(1)の方法って、全大学がそれをやって生き残ることは無理だよね。論理的に・・・客が減るのに供給を増やすってんだからさ・・・誰かが倒産しなくちゃならない。でも、皆思ってる。「倒産するのはうちじゃない」と。そしてガンガン投資する。

「ババを引くのはおれじゃない。だからどんどん投資しろ!!」


どっかで見たな〜この風景。デジャブ感たっぷり。

★★★

ちきりんの関心あるのは、この発想の選択は、どうやって分かれるのかね?ってこと。

実はこれ、企業にも同じ傾向がある。日本は少子化。ということは、学校に限らずすべての消費財・消費サービスの顧客は少なくなる、ということ。

ビール会社の売上げとか、これだけ人口減って、のばすって大変すぎるでしょ?歯磨き粉でも化粧品でも洋服でも同じです。200万人が130万人に減って、どうやって売上げのばすのか。

ひとつは、全体として増えてくるシルバーを狙うという方法。もうひとつは、少なくなったパイを独占、囲い込もうという方法。そして、「人口の増えてるインドや中国に進出して、そっちで売ろう!」という発想。


そう。縮小する国で、必死で囲い込みをはかる企業と、伸びてる国で売りに行こうと考える企業がある。大学と同じだよね。


とてもおもしろい。


んじゃね。