組織目標と個人目標の順番

組織に所属する人は、“組織目標にどれだけ貢献したか?”という視点で評価されます。

企業が売上 100億円という目標をたてれば、部門目標はそれにそって決められます。

営業部門は「組織全体で 100億円の売上を達成するため、去年より販売数を 2割アップ!」という目標をたて、

開発部門は「組織全体で 100億円の売上を達成するため、競合品と差別化できて値崩れしない新商品をボーナス商戦までに開発する!」という目標をたてるわけです。


その後、目標はさらに分解され、個人目標が立てられます。営業部門のA課長は「営業部全体で去年より 2割たくさん売るために、オレは○○社と○○社と○○社に○台ずつ納入するぞ!」みたいな目標をたてます。

このように、組織目標は→部門目標→個人目標と分解され、組織に所属する全員が自分の目標を達成すれば、部門目標が達成され、最終的には組織目標が達成されます。

組織における人事評価とは、こういった「組織目標のために各人に課せられたミッションを、その個人がどの程度、達成できたか」を評価するものです。


この仕組みでは、組織は常に個人より優先されます。

個人は給与という対価を得て、組織目標に貢献することを求められ、「自分のやりたい仕事ができるか」、「スキルが身につくか」などは二の次です。

それがたまたま個人にとっても楽しい仕事であったり、結果としてスキルがつくことはあるでしょうが、優先順位が逆転することはありません。


さて、これが営利企業だとそれなりに納得できるのですが、では、国と国民という関係においてはどうでしょう?

素直に考えれば「国のために個人が頑張る」というのは本末転倒に思えます。

個人が幸せに暮らせるように国が支援するのが当然でしょ?と思えます。しかし近代の日本では、大半の時期で“組織目標”が先に設定されています。


たとえば明治時代の“富国強兵”とはまさに日本という“国の目標”です。

そこでは、国が求める軍事技術の開発に成功した人や、国が進める西洋化に貢献した人が評価され、賞賛されます。

さらにもっとも極端だったのが、大政翼賛時代です。当時、個人の生活のすべては「お国のため」と定義されました。

高度経済成長期に日本は「先進国の仲間入りをする」ことを目指しましたが、これも“国=組織の目標”です。個人はその目標のため、健康や趣味や家族との時間を大いに犠牲にして頑張ったのです。

さらにいえば“技術立国日本”とか“国際競争力のある国を目指そう”といった言葉も、同じに聞こえます。これらも“国の目標”ですよね。

その国の目標のために、個人が「英語力をつけろ」「海外経験を積んでたくましくなれ」などと言われるとしたら、それは国と国民の正しい関係でしょうか? (ちなみに、シンガポールは明確にこういう思想で運営されているようにみえます。)

戦後政治をみる限り、国の目標より個人の目標が先に来ていた政治スローガンとして思いつくのは、“所得倍増計画”くらいです。


★★★


では発想を変えて、先に個人の目標をたて、その実現を国が支援する、という方向で考えてみましょう。

個人の目標は人によって違います。「世界で尊敬される起業家や研究者になりたい!」という人もいれば「のんびり暮らしたい」「一生、ケームをしていたい」という人もいるでしょう。

全体として、たとえば「世界のトップを目指したい人 10%、まじめに働き、安定した暮らしを望む人 60%、できるだけ働きたくない人 30%」というのが国民の希望だとすれば、

それをどう実現していくか、というのが国、もしくは時の政権に課される責務となります。これが「個人目標が先、組織がそれを支援する」という考え方です。


日本は明治以来ずっと「国民の豊かさ」ではなく「日本国の豊かさ、強さ」を目指してきた国です。時には個人さえ、個人の幸せより所属組織の目標達成を望んできた部分もあったでしょう。

たとえばスポーツ選手で“チームはボロ負けしたけど、自分は大会MVPに選ばれた”より、“MVPはとれなかったけど、チームが優勝!”の方が嬉しい人はたくさんいます。

同様に、自分は貧しくても日本が先進国になることを喜ぶ人は一定数いたはずです。

では今は、私たちはどちらで目標をたてたいと考えているのでしょう?

今までのように“日本国”として目標を設定し、それを達成するためにみんなで頑張りたいのでしょうか。

それとも、個人の目標を先にたて、それを可能にしてくれる政権を選びたいのでしょうか?


組織目標が先か、個人目標が先か、そこが問題なのです。


そんじゃーね。


http://d.hatena.ne.jp/Chikirin+personal/  http://d.hatena.ne.jp/Chikirin+shop/