「下流喰い」感想

久しぶりに本を読みました。新書で「下流喰い」消費者金融の実態、という本。テレビにもよくでている須田慎一郎さんの本。おもしろかったです。


ポイントはふたつ。
(1)消費者金融業界がいかに悪であるか、の徹底的な証明&説明
(2)下流と下流で騙しあう構図の指摘

★★★

(1)について、非常に具体的でビビッドです。「サラ金は、資金ニーズがあるから応えているのだ」とか「借りた金は返すべき」という、業者側がよく使う「一見なるほど」な言葉の「大嘘」をきちんとついていて、読み手が確固たる意見を持てるようになります。

また、グレー金利の意味を具体的に計算してみせたり、サラ金の顧客像のデータを明示することで、数字の意味するところがよくわかります。


(2)はユニークな視点。これぞ格差問題、って感じです。

ここでは、「サラ金によって人生を滅ぼされる人」も「サラ金側」も実は「同じ層の人間である」ってことを言ってます。要としては暴力団が介在するわけですが、それ以外は両方が「同じ側の人」だと。つまり、いわゆる「下流」であり、いわゆる「負け組」だと。騙している方も騙されている方も、どっちも。


サラ金の異常な押し貸し(無理矢理、借金させること・・大手サラ金でも恒常的に行っている)と過酷な取り立てで一家自殺した人たちは、紛れもなく「下流」だし「負け組」として描かれる。

だけど、その家族を死に追いやる「取り立て役の若者たち」も、田舎からでてきた中卒だったり高校中退だったりの、都会で他に生きていくすべを持たない、負け組構成員に他ならない。彼らはこの取り立ての仕事で、生まれて初めて「人よりうまくできること」を見つける。生まれて初めて、成果をあげて尊敬されるのだ、と。


これはちょっとユニークな、意味ある視点だと思いました。

なぜなら、消費者金融問題が「被害者も加害者も下流の人たち」の中で完結するならば、上流の人たち、勝ち組の人たちはこの問題を、「どうでもいい問題」と認識するようになるだろうと思ったからです。

これがもし「下流の人が上流の人を脅かす」問題であれば、上流の人たちは問題を解決しようと動くでしょう。彼らは選挙にもいくし、政治的にも経済的にも行動的にも、問題解決しようという意思と影響力を持つ層だから。

だけど、「搾取者も被搾取者も“あっち側の人たち”」となってしまうと、「危ないから近づくのはやめよう」ってことになるかもしれない。


例えばアメリカでも、お金持ちの住むエリアに連続強盗や放火魔が出てくると、警察も動くし、金持ちも自衛に金をかけてそれを阻止する。でもスラムエリアで日常的に放火やレイプや強盗が行われても、誰もなんのアクションもとらない。「旅行者の方はこのエリアに近づかないように」ってのと同じです。そんなとこ近づかなければいいだけ。反対に言えば、問題は「放置される」ってことです。


格差問題というのは、大半を占めていた中流の人たちが上と下に別れていく(大半は下へ)プロセスでもあるわけですが、その「下の方でなんかややこしいことが起こってるらしいね」という感じになる。


この問題、ちきりんは今までも「世の中無関心だなあ」と思っていたのですが、その理由がわかった気がする。「関係ない人には全く関係ない問題」になりつつあるんではないかと。

ただし現時点で「オレは関係ない」と思っていても、中流はいずれ「下流」と「上流」にわかれるのだと考えると、将来的には関係あったりするわけですが、いずれにせよ、関係ない層には全然関係ない。


この本の中で「怖いな〜」と思ったのは、次の記述。

いま足立区内でマンションを購入しようとすると、都心から近いにもかかわらず相場は1000万円から2000万円。区内にあった旧都銀の支店は相当部分が撤退し、区内にそれなりのネットワークを持つのは、都の指定銀行であるみずほ銀行くらいで、無人のATM店が数店、存在するのみというありさまだ。実際に区内を歩くと、スーパーやコンビニの店舗がやけに少ないことも実感としてわかる。


これ、「なるほど〜」なわけです。今まで銀行って「とりあえずどこでも」支店を出してました。でも今は銀行は中間層以上の層にしか関心がないんです。だから、そういう層のいないエリアから撤退しつつある。無人ATMさえ数少ないって・・・怖すぎない?

でも実際、アメリカの街を思い浮かべると、「危ないから近づくな」と言われるエリアには、他のエリアには普通にあるそういった店舗が非常に少ないことに思い至ります。そういう場所からビジネスをひきあげちゃうわけ。んで、そういうエリアには「そういうエリアだけの店」ができはじめる。

著者は、同エリアには「かわりに、このエリアにはサラ金の無人機が集中した場所がたくさんある」という。つまり、このエリアでは、住人が現金を“手に入れる”ために必要なのは、銀行ATMでなく、サラ金ATMだと。


著者はたまたまこのエリアの出身だし、取材としても歩いているわけですが・・・そもそもこのエリアに一生行かない人もいるわけです。マンハッタンの100以北に行ったことのないニューヨーカーがいるように。

特定のエリアでは違法な商売や取り立てが横行し、しかし、それらの問題は放置される。そして、その恐ろしげな闇の商売に従事している若者の大半は、そのエリアで生まれ育った者たちだ、と。そして、そんなエリアに「近づかないよう」教育され、実際入ったこともない人たちが一方で存在する。スラムってこうやって形成されるのだ。


「消費者金融問題は、そういう問題だ」と、著者は指摘する。


これは結構おもしろかったです。うん。



んではね〜


下流喰い―消費者金融の実態 (ちくま新書)

下流喰い―消費者金融の実態 (ちくま新書)